読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

恋するふたりの文学講座

 

 

f:id:arakazu0125:20150814002528j:image
 
恋はジェネレーションギャップを超える?
 
 
ニューヨークで暮らす文学好きの独身男ジェシーは35歳。
同棲していた恋人と別れたばかりの彼は、
ある日、大学の恩師から退職記念パーティーでスピーチをしてくれないかと頼まれ、
久しぶりに大学時代を過ごしたオハイオ州の街に戻る。
懐かしさにキャンパスを歩き回るジェシーは、
不思議な青年ナットと出会いキャンパス内のパーティーへ潜り込むが、
そこで朝食の席で紹介された教授の知人の娘ジビーにばったり再会する。
彼女は母校の学生で19歳。
ジェシーとは共通点もなく、歳も違うジビーだったが、明るく屈託のない彼女にジェシーは惹かれていく。
 
ふたりの間に立ちはだかる“壁”をどう越えていくか?
というのは、ラブストーリーの定番。
いささかくたびれた文学青年ジェシーは、
ビジーの読む売れてる吸血鬼小説を認めない。
しかし、彼女が勧めてくれたクラシック音楽は彼の味気ない暮らしを豊かにする。
趣味の違いは、新しい世界の発見になることもある。
 
しかし、16歳という歳の差は如何ともしがたい。
同年代の男に飽き足らないビジーは歳の差を問題にしないが、ジェシーにとって16歳は先に進むことを躊躇してしまう差。
それは、ジェシーの誠実さの表れではあるが(ビジーのような若く美しい女性に好意を寄せられれば、ラッキーとしか思わない男性も少なくないはず!)、ビジー同様、観ているこっちも焦れったくて仕方ない。
 
しかし、30歳にならないと分からないこと、
40歳にならなければ分からないこと、
その歳にならないと分からないことは確実にある。
ということすら、歳をとらないと分からない。
16歳歳下の相手と付き合うことの躊躇いをビジーは分からないし、
歳をとったという現実を受け入れられないホベルク教授の気持ちや諦念に満ちたフェアフィールド教授の気持ちは、35歳のジェシーには分からない。
 
He that increaseth knowledge increaseth sorrow. ー Ecclesiastes 1:18
知識を増す者は悲しみを増す
ー伝道の書 1章18節
 
まさしく、歳を重ねるということは、
悲しみを増すことなのかもしれない。
でも、35歳のジェシーはまだもう少し青臭い希望や理想を持ったままでいいと私は思う。
 
メインストーリーはジェシーとジビーの恋の成り行きだが、16歳違いのふたりの他に、更に世代の違うふたりの教授を登場させたことで、単なるラブストーリーではなく、人が歳をとるということはどういうことなのか?と考えさせるストーリーになっている。
ビジーとは全く違うタイプの若い世代、
大学生活を楽しめず先が見えない不安に少し心が弱っているディーンというキャラクターもストーリーに奥行きを与えている。
何に対しても「イエス」と答えるノーと言わない即興劇のルールが、脚本のあちこちに活かされているのも小粋だし、ジェシーとジビーが距離を縮めていくアイテムが“手紙”だったり、ビジーがお気に入りのクラシック音楽をCDに焼いて渡したりする、ちょっとオールドファンなところも素敵だった。
 
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
⚫︎恋するふたりの文学講座/Liberal Arts 
                                              (2012 アメリカ)
監督・脚本:ジョシュ・ラドナー
出演:ジョシュ・ラドナー,エリザベス・オルセンリチャード・ジェンキンス,アリソン・ジャネイ,ジョン・マガロ,エリザベス・リーサー,ザック・エフロン
 
f:id:arakazu0125:20150814013745j:image
特別ハンサムというわけではないけれど、
なんだか“感じのいい”ジョシュ・ラドナー。
夜明けのマンハッタンを散歩するシーンは明らかにウディ・アレンの『マンハッタン』!
今後の彼のキャリアにも注目。
 
f:id:arakazu0125:20150814002819j:image
意外と“等身大”の役が少ないエリザベス・オルセン。役名も同じビジー(エリザベス)役は、自然体の演技が超キュート!
ベビーフェイスだけど、低くて落ち着いた声が、同世代の男を物足りなく感じるエリザベスのキャラクターにぴったり。
 
f:id:arakazu0125:20150814003243j:image
絶妙なタイミングで、ジェシーの前に現れ、
なかなか前に進めない彼の(結果的に)背中を押すことになる“赤い帽子の哲学者”ナット。
ザック・エフロンが不思議な存在感で、
登場シーンは少ないながらもいいスパイスになってました。
 
f:id:arakazu0125:20150814004249j:image
ジョシュ・ラドナー、エリザベス・オルセン、アリソン・ジャネイ、リチャード・ジェンキンスの4ショット!
めちゃくちゃいい雰囲気!
 
 
 
👇『恋するふたりの文学講座』のDVDはこちら