読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

42〜世界を変えた男〜

movie

f:id:arakazu0125:20150403192616j:plain

本物の“ガッツ”とは

 
法律に逆らえば、時に“称賛”される。
慣習に背けば、社会から排斥される。
 
 
1945年春、ナチスドイツが降伏。
アメリカ国内では市民の暮らしも日常を取り戻しつつあり、戦地に赴いていた野球のスター選手たちも続々と復員していた。
この時、ブルックリン・ドジャース社長のブランチ・リッキーは文字通り、“慣習に背こう”としていた。
その当時、メジャーリーグ16球団に登録されていた選手は400人。
400人すべてが白人だった。
リッキーはそういう時代に黒人選手と契約しようとしていたのだ。
メジャーリーグ初の黒人選手になるべく白羽の矢を立てられたのは、黒人だけのリーグで活躍していたジャッキー・ロビンソンだった。
 
チームメート、相手チーム、ファン、周囲からの激しい反発が予想される中、リッキーはジャッキーにこう告げる。
 
「“やり返さない勇気”(ガッツ)を持つ選手になれ」
 
ジャッキーはこう答える。
 
「もし僕にユニフォームをくれるなら、もし僕に背番号をくれるなら、勇気で応えます。」
 
1945年夏、ジャッキーはまずドジャース傘下の3Aチーム、モントリオール・ロイヤルズと契約する。
そして、早速キャンプ中から(今では考えられないような)嫌がらせ、反発、脅迫の洗礼を受ける。
 
 
映画では、リッキーが黒人選手との契約を周囲に宣言する1945年からジャッキーがメジャーリーグデビューを果たす1947年のシーズンが描かれる。エピソードの数々は事実に基づいて描かれているが、これはほんの一部に過ぎず間違いなくここに描かれた以上の嫌がらせ、反発、脅迫があったに違いない。
それに対し、リッキーは全面的にジャッキーをバックアップした。
そして、ジャッキーはやり返さないガッツを持って全力で耐えた。
 
現在のメジャーリーグは黒人選手の存在なしでは成立しない。
しかし、今から70年前のブランチ・リッキーの慣習に背くガッツが、ジャッキー・ロビンソンやり返さないガッツを生み、
それがチームメイト、相手チーム、ファン、
やがては社会を変える大きな一歩になった。
その道筋が、ジャッキーに続いた黒人選手、中南米出身選手、そして現在の日本人メジャーリーガーの活躍に繋がっている。
 
冒頭のナレーションにこんな一節がある。
 
野球は民主主義の確かな証しであり、
ボックススコアはその象徴だ。
 
グランドに選手が散らばりウォーミングアップのキャッチボールを始める。
それを見るだけで熱心な野球ファンでもないのになんとなく胸が一杯になり幸せな気持ちになるのは、
やっぱり野球が、野球が出来ることが、
野球観戦が出来ることが、
平和の象徴だからだと思う。
 
 
ジャッキが本拠地エベッツフィールドでメジャーデビューを飾った“その日”。
開催される試合に出場する選手すべてが背番号42をつけてプレーする。
今年も“その日”、
4月15日がもうすぐやってくる。
 
f:id:arakazu0125:20150403201102j:plain
 
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
●42〜世界を変えた男〜/42
                                    (2013 アメリカ)
監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:チャドウィック・ボーズマン,ハリソン・フォード,ニコール・べハーリー,
クリストファー・メローニ,アンドレ・ホランド,ルーカス・ブラック,ハミッシュ・リンクレイター,ライアン・メリマン,ブラッド・バイアー,ジェシー・ルケン,アラン・デュディック,ジョン・C・マッギンリー,C・J・ニコースキー,ブラッド・カレン,T・R・ナイト

脚本も担当した監督ブライアン・ヘルゲランドの名前は、ヒース・レジャーとのコンビ作『ROCK YOU!』『悪霊喰』で知ったのだが、一般的には、『L.A.コンフィデンシャル』『ミスティック・リバー』『ブラッド・ワーク』等の脚本家としての方が有名かもしれない。
ジャッキー・ロビンソンの伝記映画として、この期間に絞って描いたのは、ブライアン・ヘルゲランドの賢い選択だったと思う。
その後のジャッキー、リッキー、チームメイトの姿を後日談という形で見せたのもとても賢明だった。

今作は名台詞の宝庫でもある。

「肌の色が黄色でも黒でも構わん。シマウマ柄でもだ。」

「カネの色は白でも黒でもない、緑色だ。ドル札は緑色だよ。」

「“同情”の起源は、ギリシャ語の“苦しみ”だ。“苦しみを共に分かつ”という意味だ。」

「勝つためならゾウもチームに入れるし、ヘタなら実の弟もクビにする。プロ野球は勝つことがすべてです。」

たくさんの名台詞を割り当てられたブランチ・リッキーを演じたハリソン・フォードがとても素敵でした。


公式サイトはこちら👉映画『42 ~世界を変えた男~』オフィシャルサイト映画『42 ~世界を変えた男~』オフィシャルサイト

予告編はこちら👉映画『42~世界を変えた男~』予告編 - YouTube映画『42~世界を変えた男~』予告編 - YouTube
 
 
👇『42〜世界を変えた男〜』のBlu-rayはこちら