極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

ゲットハード Get Hard


マヨ&チョコレート


株の凄腕ディーラー、ジェームズ・キングは高級住宅街ベルエアーに豪邸を構え大勢の使用人を雇い、
勤務先の投資信託会社の社長令嬢アリッサと婚約中。
未来の義父である社長マーティンには共同経営者に指名され、正にこの世の春を謳歌していた。
(ジェームズはドビュッシーの「月の光」で起床するのだが、朝だっていうのに「月の光」というのは…。)


一方、洗車場(ジェームズも顧客の一人である)を経営するダーネルは、引っ越して一人娘のマケイラをもっと治安の良い地域の学校に通わせたいと考えていたが、
新居購入のための頭金の工面に苦労していた。
ある日、切羽詰まったダーネルは大金を稼ぐジェームズにこう申し出る。

「豪華な洗車を一生涯保証するカードを提供したい。
たったの3万ドルで」

「貨幣の時間的価値を考えるとその金を私が運用すれば23年後には300万ドルにになるだろう。
車が汚れるたびに新車が買える」

いい投資だろう?と売り込むダーネルに、
ジェームズの素気無い答えはぐうの音も出ないものだった。

ところが、得意の絶頂だったはずのジェームズの人生は急転直下転落へ。
婚約パーティーの席上、横領と証券詐欺の容疑でFBIに逮捕されてしまう。

全く身に覚えのないジェームズは弁護士から司法取引(罪を認めて1年の服役)を勧められるが、
証拠の書類は偽造されたものだとこれを断固拒否!
法廷で真実を明らかにすることを選ぶ。
しかし、彼の主張は受け入れられず、
(経済知能犯対しては通常警備の薄い刑務所での最低限の刑期が言い渡されていたにもかかわらず)
凶悪犯用の刑務所での10年の刑期が言い渡される。

収監までの猶予は30日間。
ネットで凶悪犯刑務所の荒れた様子を目にしたジェームズはとても耐えられないと婚約者アリッサに国外逃亡を持ちかけるが、彼の地位とお金が目当てだった彼女は別れを宣言する。

収監まで23日。
四面楚歌のジェームズは自分を立て直そうと車のトランクに立て籠もっていた(なぜトランク⁇)ところをダーネルに発見される。
ジェームズの逮捕は知っていたダーネルだったが、
ジェームズが収監されるのが凶悪犯用の刑務所
サン・クエンティンだと聞いて驚く。

すぐにヤられちまうよ!
みんなツッコミ合う
“サン・ファッキン”だ
とにかく最悪の場所だよ!

ダーネルが黒人というだけで前科持ちだと決めつけたジェームズは彼に助けを求める。

掘られない方法を教えてくれ!



前科者と決めつけられたことには憤慨したダーネル。
賢明な妻にも
「刑務所帰りじゃないってすぐバレる」
と諭されるが、
3万ドルの報酬に嫌とは言えなかった。
とはいうものの、交通違反さえしたことのないダーネルは前科者のいとこラッセルに連絡をとり情報収集。
かくして、刑務所暮らしをサバイブするための
授業が始まった。

収監まであと22日。
ジェームズは掘られない強さを手にすることが出来るのか?
無実を証明することはもう出来ないのか?


ダーネルがジェームズに課すサバイバルのためのトレーニングは役に立つのか立たないのか甚だ疑問だが、
しかし、確かなことはお互いがお互いを知り、
二人の間の距離が縮まっていったことである。
ジェームズは元々、車のキーを渡そうとしただけのダーネルをカージャックと勘違いしたり、
偏見なんて持ってませんよと口では言いながらも
実は偏見に満ちた嫌味な白人の金持ち。
一方、実は真面目な市民であるダーネルもお金のために(娘をために)、ステレオタイプな黒人に対するイメージを利用する。
ジェームズの転落がなければ交わるはずのなかった二人の人生が、どちらもお互いを利用しようと相棒になることで交わる。
四面楚歌だったジェームズはダーネルの家族やラッセルの仲間クレンショウ・キングスの中に居場所を見出し、
お金のプロであるジェームズは彼らに投資や年金プランのアドバイスといった専門知識を授ける。
正にWin-Winの関係を築くのである。

結局、偏見や差別は、
お互いが交わること、
知り合うことでしかなくならないのだ。

とにかくジェームズは
掘られたくない!の一心だから、
馬鹿馬鹿しいトレーニングも盛り沢山だが、
メッセージは実にストレートでシンプル。
これもまたひとつのバディ・ムービーである。

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
●ゲットハード Get Hard/GET HARD
(2015 アメリカ)
監督:イータン・コーエン
原案:アダム・マッケイ,ジェイ・マーテル,イアン・ロバーツ
脚本:イータン・コーエン,ジェイ・マーテル,イアン・ロバーツ
出演:ウィル・フェレル,ケヴィン・ハート,ティップ・“T.I.”・ハリス,アリソン・ブリー,クレイグ・T・ネルソン,エドウィナ・フィンダレー・ディッカーソン,ジョン・メイヤー


人種も生きている世界も違う対照的なジェームズとダーネルを演じるのはウィル・フェレルとケヴィン・ハート。
この二人の身長、ウィル・フェレルは191センチ、
ケヴィン・ハートは163センチとかなりの凸凹コンビでもある。
合成写真みたいに顔の大きさも全然違う。

本作は『トロピックサンダー 史上最低の作戦』『メン・イン・ブラック3』の脚本家として知られるイータン・コーエン(イーサン・コーエンと紛らわしい!)の監督デビュー作。
日本では劇場未公開だが、全世界で興収1億ドル越えの大ヒット作!
個人的にウィル・フェレル主演のコメディの中では
一番楽しかった!
相棒ケヴィン・ハートはちゃんと出演作を観るのは初めてだったけれど、芸達者です!


プレーボーイとしてもその名を轟かせるシンガーソングライターのジョン・メイヤー
ジェームズの婚約パーティーのゲストとして実名で登場。
彼がこのシーンで歌う「Daughters」はとてもいい曲で、日本映画『八日目の蝉』の中でも使われています。

ジョン・メイヤーの「Daughters」のPVはこちら?John Mayer - Daughters - YouTube


予告編はこちら?Get Hard Official Trailer #1 (2015) - Will Ferrell, Kevin Hart Movie HD - YouTube

?『ゲットハード Get Hard』は現在のところソフト未発売。Amazonビデオで見ることが出来ます。