読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

キャロル

movie
 
f:id:arakazu0125:20160306091035j:image
 

そして二人は再び出会う

 
1952年ニューヨーク。
クリスマスを間近に控えたマンハッタンの高級百貨店はクリスマスの贈り物を選ぶ客で混雑していた。
おもちゃ売り場で働くテレーズは、娘の贈り物を探しに百貨店を訪れていた美しくエレガントなキャロルの姿から目が離せなくなる。
しかし、ふと視線を外した瞬間彼女の姿は見えなくなる。テレーズは彼女の姿を探すがもうその姿は見えない。テレーズが諦めて探すのをやめると次の瞬間キャロルが目の前に現れ、テレーズはどぎまぎしてしまう。
二人は一緒にプレゼントを選び配送の手配を済ませるが、キャロルは手袋を忘れたまま帰宅してしまう。
テレーズが直ぐに手袋を郵送すると、キャロルからお礼にランチに誘われる。
こうして二人の付き合いがはじまる。
 
テレーズには一応恋人のリチャードがおり、彼からはヨーロッパ旅行に誘われているが、テレーズはまだその返事を濁したまま。
一方、キャロルは何不自由なく暮らす主婦だが、夫との間にはすでに愛情はなく、何よりも彼女は女性を愛する女性だった。
しかし、夫は彼女の性的指向を知りつつも、世間体を大事にするあまり結婚生活を続けることもよしとする人だったのだ。
 
ラブストーリーはそれがフィクションだとわかっていても、観る人に「本当に好きなんだなあ」と思わせてくれるストーリーがいいラブストーリーだと、個人的にはそう思っている。
一目合ったその瞬間から、その人から目が離せなくなる。外したはずの視線も、またその姿を追ってしまう。
テレーズとキャロルの間に起こったその瞬間は、まさに「恋に落ちた瞬間」。
それは間違いないだろう。
しかし、その後二人の付き合いが深まっていく中で、
私にはどうしても二人の姿に、
「本当に好きなんだなあ」とは感じられなかったのだ。
 
テレーズは写真を撮ることが好きだが、
それは趣味なのか?
それとも職業にしたいのか?
自分は男性を愛するのか?
女性を愛するのか?
どう生きて生きたいのか?
すべてが宙ぶらりんの状態だ。
キャロルはこれ以上夫と夫婦としてやっていけないことはわかっているが、娘を失うかもしれないというリスクを負ってまで、夫の元、安穏な生活から飛び出すことに躊躇し迷っている。
50年代前半という時代を考えれば、女性がカメラマンとして生きていくこと、同性愛者として生きていくこと、娘を置いて離婚すること、
これらを選択することはとても高いハードルだったに違いない。
しかし、二人は関係を深めていく中で、
この先どう生きていくのか?ということに否応なく向かい合い、そして決断する。
いわば、この間に起きたことは、テレーズとキャロル、二人の女性が本当の自分に向き合うための通過儀礼だったのだと思う。
だからこそ、二人には最後にもう一度出会いのシーンが用意されている。
どう生きていくのか自分の意志で選びとった自立した二人は女性として、再び出会うために。
 
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
●キャロル/Carol (2015年 アメリカ)
監督:トッド・ヘインズ
脚本:フィリス・ナジー
衣装:サンディ・パウエル
出演:ケイト・ブランシェットルーニー・マーラ,サラ・ポールソン,ジェイク・レイシー,カイル・チャンドラー,ジョン・マガロ,コリー・マイケル・スミス,ケヴィン・グローリー
 
これを観てどうしたって思い出すのは、同じトッド・ヘインズ監督の『エデンより彼方に』だ。
『エデンより彼方に』では、同性愛者の夫との結婚生活に悩む妻が黒人の庭師に慰めを見い出すというストーリーだったが、この『キャロル』は謂わば、『エデンより彼方に』に対するアンサームービーのように感じられた。
両作品共に衣装はサンディ・パウエルが担当『エデンより彼方に』では、米北東部の紅葉と衣装がカラーコーディネートされていたが、今作でもプロダクションデザインと衣装の調和が素晴らしくエレガント。
特にケイト・ブランシェットのコーディネートはスカーフやブローチ、帽子といった小物使いも含めてパーフェクトの一言。
ルーニー・マーラの衣装は、ケイト・ブランシェットに比べると可愛らしくはあるものの少し子供っぽいし、野暮ったくもある。
ラストシーン、テレーズの洗練されたスーツ姿は、彼女が、最初にキャロルと出会った時とは違う自立した女性に生まれ変わったことを、そのファッションで表していた。
f:id:arakazu0125:20160310124920j:image
衣装やプロダクションだけでなく、撮影のエドワード・ラックマンの仕事もまた素晴らしい。特に車のウィンドウやレストランのウィンドウといったガラス越しのショットが美しく、印象的。
f:id:arakazu0125:20160310125010j:image
f:id:arakazu0125:20160310125101j:image
f:id:arakazu0125:20160310124728j:image
 
 
公式サイトはこちら👉映画『キャロル』公式サイト
 
 
👇『キャロル』のBlu-rayはこちら

 👇映像の美しさにうっとりという点では負けていないトッド・ヘインズ監督『エデンより彼方へ』のDVDはこちら

エデンより彼方に [DVD]

エデンより彼方に [DVD]