読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

クスクス粒の秘密

f:id:arakazu0125:20150205181918j:plain

みんなあなたを愛してる

 
南仏の港町に住むアラブ系移民のスリマーヌ。
長年港のドックで働いてきたが打ち寄せる不景気の波で、彼は労働時間の半減か退職かの選択を迫られる。
日曜日、前妻スアドの家には彼女のクスクス料理を目当てに子供たちや友人たちが集まる。
しかし、そこにスリマーヌの姿はない。
息子たちが届けたクスクス料理をひとりで食べるスリマーヌ。
彼の仕事のことを聞きつけた息子たちはスリマーヌに故郷に帰ったらどうかと勧めるが、
恋人ラティファの娘で彼を慕うリムは息子たちの言うなりになることはないと言う。
家族にもラティファとリムにも何もしてやれないと自らの不甲斐なさを嘆くスリマーヌだったが、
リムの後押しもあり船上レストランの開業を決意する。
しかし、資金の調達、営業許可、船の係留許可など難題山積!
そこで、スリマーヌは家族の助けを借りて一か八かの賭けに出る。
関係者や街の有力者を招き、パーティーを計画するのだが…。
 
 
フランスのアラブ系移民の話という目新しさで観始めたが、直ぐにこれは誰にでも共感出来る普遍的な家族の物語だと気付く。
寡黙なスリマーヌに対し、家族の中心である肝っ玉母さん前妻スアド。
浮気者の長男マジドと不満を溜め込む嫁のジュリア。
出来れば両親によりを戻してほしいと思っている娘たちと彼女たちに見下されていると感じているラティファとリム母娘の関係が良い訳はなく、お互い陰では言いたいことを言っている。
しかし、それぞれの思惑はともかく、家族がスリマーヌに協力するのは皆が彼を愛しているからだ。
 
日曜日のスアドの家での昼食会、
ホテルの住人のミュージシャン達のお喋り、
バイクを乗り回す悪ガキをヨロヨロと追いかけるスリマーヌ、
怒りを爆発させるジュリア。
現実には、退屈な時間ももう勘弁してくれという時間も、都合良く終わってくれる訳ではない。
これらのシーンは少しずつ長いと感じるが、
これがリアリティーを生んでいると思う。
 
f:id:arakazu0125:20160816143103j:image
f:id:arakazu0125:20160816143126j:image
 
レストランの窮地を救う為、アラブ風のダンスを披露するリムのシーンがとても印象的だが、特に目を奪われてしまうのは彼女のポッコリしたお腹だ。
リムを演じたアフシア・エルジは体重を増やしてこの役に臨んだそうだし、執拗に彼女のお腹を映していることからも、監督はどうしてもこの彼女の姿を撮りたかったのだろう。
監督の意図ははっきり分からないしいろいろな見方があるだろうが、彼女の姿はアラブ系移民の新しい世代の何としてもこの国で生きていくという強い意志、逞しさに感じられた。
 
 
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
⚫︎クスクス粒の秘密
/ LA GRAINE ET LE MULET
(2007 フランス)
監督:アビデラティフ・ケシシュ
出演:アビブ・ブハール,アフシア・エルジ,ファリダ・バンケタッシ,アティカ・カラウイ
 
 
 👇『クスクス粒の秘密』のDVDはこちら
クスクス粒の秘密  [DVD]

クスクス粒の秘密 [DVD]