極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

フルートベール駅で

f:id:arakazu0125:20150203182154j:plain

終わらない悲劇

 

 

映画は、2009年の元日、
カリフォルニア州フルートベール駅のホームで実際に撮影された映像で始まる。
喧嘩騒ぎで停車中の電車から黒人青年のグループが降ろされ、警官に拘束される。
武器を持たない丸腰の青年オスカーがうつ伏せに組み伏せられた上、警官に撃たれ命を落とした。
 
ストーリーは
そこから前日の2008年大晦日の朝に遡る。
 
オスカーの新年の誓いは、
「売人をやめること」。
オスカーには服役した経験もある。
遅刻癖がたたり最近スーパーの仕事もクビになっていたが、恋人ソフィーナにはそれを言えずにいた。
オスカーが問題を抱えていたことは確かだ。
しかし、彼は幼い娘タチアナとソフィーナ、母親ワンダ、家族のために真っ当に生きようとしていた。
娘を愛し、母親の誕生日を忘れない、誰とでも直ぐに打ち解ける人懐っこい青年で、理由もなく人に暴力を振るうような人間ではなかった。
 
大晦日の深夜、治安の悪い地域のあちこちで騒ぎが起きていただろう。
警官たちもいつもよりもピリピリしていたに違いない。
黒人青年に対する偏見がその目を曇らせたことも確かだろう。
二度と刑務所に行きたくなかったオスカーの反応が少し過剰だったかもしれない。
しかし、確かなことは、
彼が殺される理由などなかったこと。
 
オスカーを撃った警官はスタンガンと拳銃を間違えて撃ったと証言し、僅かな懲役刑で出所している。
彼の証言の真偽は分からない。
しかし、彼はこれから一生、
優しい父親であり息子であった青年の命を奪ったという事実を背負っていかなければならない。
 
事件後の抗議集会、デモ、暴動。
ニュースでも大きく報道され、
悲劇は多くの人々に共有された筈だ。
しかし、
その後も同じような事件が後を絶たない。
それが何よりもやりきれない。
 
 
=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
⚫︎フルートベール駅で
/FRUTVALE STATION 
                                    (2013 アメリカ)
監督:ライアン・クーグラー
出演:マイケル・B・ジョーダン,メロニー・ディアス,オクタヴィア・スペンサー,ケヴィン・デュラント,チャド・マイケル・マーレイ,アナ・オライリー
 
公式サイトはこちら?fruitvale-movie.com - 
 
 
 
f:id:arakazu0125:20150204145432j:plain
『クロニクル』(ジョシュ・トランク)では、学校の人気者で優等生スティーヴを演じていた注目の若手俳優マイケル・B・ジョーダン
この後再びライアン・クーグラー監督とたっぐを組み、『クリード チャンプを継ぐ男』で“ロッキー”の後継者として、シルベスター・スタローンと共演。
今後ますますの活躍が期待されている。
 

 ?『フルートベール駅で』のDVDはこちら

フルートベール駅で [DVD]

フルートベール駅で [DVD]