読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

トム・アット・ザ・ファーム

f:id:arakazu0125:20141101012928j:plain

見えない綱引きの行方

 

何かに追い立てられるように、
亡き恋人ギョームへの言葉を書き連ねるトム。
紙ナプキンに滲む青いインク。
今にも雨が降り出しそうな低く重い雲。
何処までも続くトウモロコシ畑。

恋人ギョームを亡くしたトムは葬儀のためにギョームの実家である農場を訪ねる。
帰省することの少なかった息子の友人を母親アガットは喜んで迎えてくれるが、彼女は息子の恋人はサラという名の女性だと思い込んでいる。
二人の(恋人)関係を知る兄フランシスは母親に本当のことを言うなと強要するが…。


多分、フランシスは母親からの抑圧に加え、
自分の性的志向に対しても抑圧を感じている。
彼が弟が同性愛者だったということを隠したいのは、自分が母親に疑われることを避けたいからだろうし、弟と親しげにしていた男に暴力を振るったのも自分の中の性的志向(弟に対する思い)への反応だったのだと思う。
だから、トムとフランシスがタンゴを踊るシーンやフランシスがトムの首を絞めるシーンはとても官能的に映る。

この物語の中では、
二者によって引き合う綱引きではなく、
複雑に絡み合った目に見えない感情的な綱引きがスリリングに展開される。
極端に閉鎖的な人間関係におけるパワーバランスが刻一刻と揺らいでいくのだ。
この恐ろしいまでの緊張感が全編を支配する。

威圧的なフランシスとギョームとの関係を隠すよう強要されるトムの間では、フランシスが主導権を握っているように見える。
しかし、そのフランシスも母親アガットに対しては小さな子供のように従順で、
母親の抑圧は彼が恐らく幼い頃からのものだと分かる。
この一家の中では、先ず父親が亡くなったことでバランスが崩れ、
ギョームが家を出たことで崩れ、
そしてギョームの代わりにトムが現れたことで親子の関係が再び揺らぐ。
冒頭のシーンでトムはギョームの死に対して出来ることはギョームの代わりを見つけることだと書くが、彼にとってギョームの代わりはフランシスで、アガットとフランシスにとってはトムだった。
そして、閉ざされた世界で歪な形にせよ三人の関係が安定してきた矢先、サラの登場でこの関係も崩れていく。


原作は同名の戯曲。
戯曲の映像化というと、それを知らずに観ても戯曲が原作であることはその“戯曲臭さ”で気付いてしまうことが多いのだが、今作ではそれを一切感じなかった。
(戯曲と知ってから考えると、バーの主人の台詞はちょっと説明的過ぎたかもしれない。)

書くそばから滲んでいく

青いインクも、

どんよりと曇った空も、
すっかり葉が枯れたトウモロコシ畑も、
死んだ子牛も、
赤から青に変わる信号も、
抜きにしてこの映画は成立しない。


弱冠25歳にしてこの完成度。
恐るべし!グザヴィエ・ドラン!

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
⚫︎トム・アット・ザ・ファーム
    /Tom à la furme
                      (2013 フランス/カナダ)
監督:グザヴィエ・ドラン
原作:ミシェル・マルク・ブシャール
音楽:ガブリエル・ヤレド
出演:グザヴィエ・ドラン,ピエール=イヴ・カルディナル,リズ・ロワ,エヴリーヌ・ブロシュ,マニュエル・タドロス

公式サイトはこちら👉映画『トム・アット・ザ・ファーム』公式サイト

予告編はこちら👉映画『トム・アット・ザ・ファーム』予告編 - YouTube

f:id:arakazu0125:20141101012947j:plain
トムとフランシスのパワーバランスが変化するきっかけになる象徴的なシーン
 
 
f:id:arakazu0125:20141101013007j:plain
何処までも田園風景が続くこの道は異界への入り口
 
 
f:id:arakazu0125:20141101013023j:plain
この季節のトウモロコシの葉はナイフのように人を傷付ける
 
👇『トム・アット・ザ・ファーム』のBlu-rayはこちら
トム・アット・ザ・ファーム [Blu-ray]

トム・アット・ザ・ファーム [Blu-ray]