極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

桐島、部活やめるってよ

 

f:id:arakazu0125:20131101112102j:plain
 

ここが俺たちの世界だ

 
バレー部のエースで人気者、
学校の中心的存在である桐島が部活を辞めるというニュースが校内を駆け巡る。

このニュースは、いつも連んでいる仲間たちの心をざわつかせるけれど、映画部の前田や桐島の親友ヒロキに思いを寄せる吹奏楽部の部長は我関せずといった様子。

「桐島が部活を辞める」
 
この「起」にあたる部分が複数の視点から畳み掛けるように描かれているのは、
たとえ同じ教室にいても彼らの世界、
ヒエラルキーはほとんど交わることはないからだ。
だからこそ、それぞれの視点で繰り返しこのシーンを見せる必要があったのだと思う。

今どきの高校生が何を考え何に悩んでいるかなんて
分かるわけない!と思っていたけれど、
これが現役高校生のリアルな姿なら昔も今も何も変わってないなと思う。
たとえ、一人一台携帯電話を持ち、
授業中にこっそり渡す手紙がLINEのメッセージになったとしても、彼らはいつも本音でしゃべっているわけじゃない。
むしろ本当のことはなかなか言えない。
でも、彼らの気持ちは私にも伝わる。
彼らの仕草が、その視線が、本当のことを語っている。

屋上でサックスの練習をするのは、
君を見ている私に気付いてというメッセージだし、
(彼女の視線の先に誰がいるのか気付いている吹奏楽部の後輩と一緒に演奏するのは、エルガーの「愛のあいさつ」この曲はエルガーが婚約者に捧げた曲だ)

「映画、出来たら教えて!」
 
って言っておきながらチャラ男と付き合ってて、それを秘密にしているのは、
どちらのヒエラルキーに属しているのかなんて決めつけられたくないからだし、

「カッコいいね!」
 
ってほめられたのに泣きそうになったのは、
そんなことを言う彼の姿が眩しくて羨ましかったから。

ひとつのニュースをきっかけに揺れ動き、将来に悩み、
恋愛に悩む高校生達の姿を描く群像劇は、
ある一点に向かって収束して行く。
交わることのないはずだった彼等の世界はここで交わり、衝突することになる。

彼等は、
大人になんか分かるわけない!
と言うかもしれない。
でも、誰もがいきなり大人になったワケじゃない。
彼等の姿はかつての自分の姿だし、
残念ながら、大人だって悩んだり、
迷ったりの連続なのだ。

でも、もしも大人から言えることがあるとすれば、
これだ。

闘おう。
ここが俺たちの世界だ。
俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから。

でも、まだまだ先は長いよ。

=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=
桐島、部活やめるってよ   (2012 日本)
監督:吉田大八
原作:朝井リョウ
脚本:喜安浩平、吉田大八
出演:神木隆之介橋本愛大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、清水くるみ、藤井武美山本美月松岡茉優、落合トモキ、浅香航大、太賀、鈴木伸之、橋本功、東出昌大
 
監督は登場人物の高校生の親世代だが、
登場人物それぞれを主人公にするという難しい仕事を見事にやってのけたと思う。
よく出来た群像劇にはなかなかお目にかかれないが、本作近年出色の出来。
若い俳優たちそれぞれの魅力を引き出した。

予告編はこちら?映画『桐島、部活やめるってよ』予告編 - YouTube
 
f:id:arakazu0125:20160906205038j:image
f:id:arakazu0125:20160906205140j:image
出演した俳優陣は本作出演後もそれぞれ活躍しているが、中でも目覚ましい活躍をしているのは松岡茉優ちゃん!
あのビッチぶりは本当に小憎らしかった!
 

 ?『桐島、部活やめるってよ』のBlu-rayはこちら

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]