極私的映画案内

新作、旧作含め極私的オススメ映画をご案内します。時々はおすすめ本も。

ツイン・ピークス The Return Episode 8 〈第8話〉

EPISODE 8 ■ハイウェイマーフィー所長の手引きで連邦刑務所から逃走し、 ハイウェイをひた走るバッド・クーパーとレイ・モンロー。 運転しているのは、レイ・モンロー。 バッド・クーパーの携帯画面には見慣れない表示。「この車、追跡装置が3つついてる」…

ツイン・ピークス The Return Episode 7 〈第7話〉

EPISODE 7 ■ツイン・ピークス:森の中肩で荒い息をしながら森の中に佇むジェリー・ホーン。 困惑し、怯えているように見える。 そこへ電話がかかってくる。 ジェリーの兄ベン・ホーンからだ。「ジェリー?ジェリー、ジェリー、何があったんだ?」 「クルマを…

ツイン・ピークス The Return Episode 6〈第6話〉

EPISODE 6■ラスベガス既に日は落ちたが、 退社したダギー・ジョーンズならぬクーパーは まだ例の銅像の前から離れない。 何やら袖口を気にしている。 パトロール中の警官に帰宅を促されるクーパー。 名前と住所を聞かれるが、 警官のバッヂの方が気になるよ…

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ《後編》

「わたし」ではなく「わたしたち」 マイケル・ムーアの次なる侵略のターゲットは、 アメリカに奴隷制を持ち込んだ国、ポルトガル。 ■ポルトガルの麻薬対策ポルトガルは他国同様、 ドラッグ戦争に負け続けてきた国。 そこで国は新戦略を導入した。 ポルトガル…

ツイン・ピークス The Return Episode 5〈第5話〉

EPISODE 5 ■ラスベガス:夜、郊外の住宅地ダギーがジェイドと会っていた家の前で、 ダギーの車を見張っているジェイクとジーン。 ジーンは誰かと電話で話している。「車は家の前にとまったままだ」 「どういうこと?ジーン、まだ中にいるの?」 「さあな、…

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ《前編》

いいトコどりで、いい国作ろう! 1月2日、 国防総省の統合参謀本部に呼ばれたマイケル・ムーアは相談を持ちかけられる。第二次大戦後、米軍は何故戦争に勝てないのか?朝鮮、ベトナム、レバノン、イラク、アフガニスタン、イラク、シリア、リビア、イエメ…

ツイン・ピークス The Return Episode 4〈第4話〉

EPISODE 4 ■ラスベガス:シルバー・ムスタング・カジノスロットマシンのジャックポット(大当たり)を出し続けるクーパー。 30回連続でメガ・ジャックポットを出し、 これにはカジノ側も真っ青。そんなクーパーにダギーの知り合いらしき男 ビル・シェーカ…

今月の読書 〜2017年7月〜

毎年暑くなると途端に読書ペースが落ちるのが恒例になっていますが、7月は梅雨明けした後に梅雨のようなお天気が続いて涼しくなったので、後半少し挽回。 今月は、長らく万城目学さんと混同していて読んでいると思い込んでいたけど実は初読だった森見登美彦…

ツイン・ピークス The Return Episode 3 〈第3話〉

EPISODE 3 ■廃墟のような建物例のニューヨークのビルからデイル・クーパーが飛ばされた先は廃墟のような建物のベランダらしき場所。 そこから見えるのは穏やかな、 でもどことなく不気味な海。 (あるいは湖?それとも川?) 窓から建物の中に入るクーパー…

ツイン・ピークス The Return Episode 2 〈第2話〉

EPISODE 2 ▪️サウスダコタ州バックボーン:バックボーン警察署留置所、ビル・ヘイスティングス宅留置場で頭を抱えるウィリアム・ヘイスティングス。 面会を許された妻フィリスがやって来る。 弁護士ジョージ・バウツァーからの伝言を伝えるフィリス。「ジョ…

ジョン・ウィック:チャプター2

ジョン・ウィック、完全覚醒! 今は亡き妻ヘレンからの贈り物である愛犬デイジーと愛車ムスタングを奪ったヨセフとその父親でロシアン・マフィアのボス、かつての雇い主でもあるヴィゴ・タラソフへの復讐を果たしたジョン・ウィック。事件から5日後、ジョン…

ありがとう、トニ・エルドマン

この父にして、この娘あり! 音楽教師のヴィンフリートは 他愛ないイタズラが大好き! 今日も今日とて、宅配便の配達員相手に悪ふざけ。 架空の弟トニになりすまして応対するが、 配達員も微妙な反応。そこへピアノの個人レッスンを受けている少年がやって来…

ツイン・ピークス The Return Episode 1 《第1話》

EPISODE 1 ■赤いカーテンの部屋ソファに座っているローラ・パーマーと デイル・クーパー捜査官。Hello,Agent Cooper. こんにちは クーパー捜査官I'll see you again in 25 years. 25年後にまた お目にかかる Meanwhile. それまでは ▪️ブラックロッジ?25年後…

今月の読書〜2017年6月〜

今月は、エリザベス・ストラウト『私の名前はルーシー・バートン』とウィリアム・トレヴァー『異国の出来事』が双璧。 エンタメ作品では、異色のコンビが活躍する『パードレはそこにいる』、ジェイン・ハーパーのデビュー作『渇きと偽り』がオススメ! ▪️冬…

これが私の人生設計

人生は短い!運をつかめ! イタリア、アブルッツォ州の山村アンヴェルサで生まれたセレーナ・ブルーノ。 彼女は1歳と乳歯2本の時にはもう既に野心作を描いていたが、身内はその才能にまだ気づいていなかった。 彼女の才能に最初に気付いたのは幼稚園の先生…

20センチュリーウーマン

大恐慌時代のように 舞台は、 1979年カリフォルニア州サンタバーバラ。ドロシアとジェイミーの親子がスーパーで買い物を終え家に帰ろうと店の外に目をやると、 駐車場では乗ってきた車が炎上中。 ドロシアの別れた夫が残していったおんぼろフォードがとうと…

今月の読書〜2017年5月〜

もうすぐ映画が公開される『怪物はささやく』も良かったが、5月はやっぱり『ビリー・リンの永遠の一日』と『スウィングしなけりゃ意味がない』の二冊。 社会の深い分断を露呈するアメリカ、人々に浸透していたジャズが頽廃敵性音楽として禁止されるナチス政…

メッセージ

わたしの人生の物語 ある日突然、世界中の12箇所に謎の飛行物体が現われる。 彼らの目的も意図も不明という状況の中で、 軍のウェーバー大佐は、言語学の第一人者ですでに一度軍に協力した経験のあるルイーズ・バンクスにエイリアンの声の解析を依頼する。 …

ビリー・リンの永遠の一日

このクソったれな世界で 2004年11月25日。 ブラボー分隊の面々を乗せた白いハマー・リムジンはダラス・カウボーイズの本拠地テキサス・スタジアムに向かっている。 イラク、アル・アンカサール運河の戦闘で目覚ましい活躍を見せたブラボー分隊は、現場にFOX…

しあわせへのまわり道

HOW TO DRIVE=HOW TO LIVE 14年前インドから政治亡命してきたダルワーン・シン・トゥールはかつて大学の教師だったが、ここNYでは自動車の教習とタクシー運転手の二足の草鞋を履き、甥プリートのほか、故国から不法入国してきた同胞の面倒をみていた。 あ…

今月の読書 〜2017年3月,4月〜

3月はバカみたいに映画ばっかり観てたというのもあるのですが、読み始めたニコライ・ゴーゴリ『死せる魂』に難儀しまして読了出来ずにそっと図書館に返却、 結局一冊(佐藤亜紀『吸血鬼』)しか読了出来なかったんで4月分と一緒にご紹介。 4月は、サルマ…

ムーンライト

月の光に少年は青く輝く 1. Little リトルみんなからはリトルと呼ばれているシャロンは(時間的に不規則そうな勤務状況とユニフォームから察すると)看護師(あるいは看護助手)の母ポーラと二人暮らし。 ポーラは厳しい生活の中で余裕がないせいなのか、 …

今月の読書 〜2017年2月〜

いつもより短い月にもかかわらずなかなかいいペースで積読本を消化できた2月。 内容的にも、ファン・ルルフォ『ペドロ・パラモ』、 スティーヴ・エリクソン『ゼロヴィル』、エドゥアルド・ハルフォン『ポーランドのボクサー』の三冊は年間ベスト級の素晴ら…

たかが世界の終わり

彼の不在の意味 物憂げな表情で機上の人となった男。 彼、ルイとって、12年ぶりに里帰りだ。 帰郷の目的は、 自分の死期が近いことを家族に伝えること。実家へは時折旅先から送る絵葉書くらいで一度も帰らなかったルイは、その間に劇作家として成功した。 …

アイアムアヒーロー

俺が君を守る! 新人コミック賞受賞から早13年。 三十代半ばにもなろうというのに鈴木英雄は未だ漫画家アシスタントとして鳴かず飛ばず。 編集者に原稿を見せてはいるものの色よい返事はもらえず、連載はおろか掲載にさえこぎつけられない。主人公がね、な…

今月の読書 〜2017年1月〜

2017年1月の読書は10冊。 一年の始まりとしてはまずまずのペースでした。 しかも、今月はどれもハズレなし! でも、あえて選ぶとすれば、 オススメはジョー・ネスボ『その雪と血を』と アリス・マンロー『ジュリエット』。 特に『その雪と血を』は、…

2016年のオススメ本

新年あけましておめでとうございます。 昨年中は更新も気まぐれな当ブログをお読みいただきありがとうございました。 今年はもう少しコンスタントに更新していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。2017年の一回目は 2016年のオススメ…

エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に

全身全霊で今を楽しめ! 1980年9月。 新学期を3日後に控えた南東テキサス州立大に一人の新入生がお気に入りのレコードコレクションと共に引っ越してくる。 奨学生の野球部員ジェイクだ。 高校ではエースピッチャーだった彼も 大学では新入生のひとり。…

マップ・トゥ・ザ・スターズ

これもひとつの いわゆるハリウッド残酷物語 映画の都ハリウッドに到着したバスから降りてきた少女といってもいいような若い女。 予約した車の運転手ジェロームに彼女はある住所へ向かうように言う。 廃墟となったその住所はかつて映画『いけない子守』の子…

PK

ただいま、神さま行方不明! ベルギーに留学中のジャグーは 大ファンの詩人の講演会場へと急いでいた。 しかし、チケットはすでに売り切れ。 詩人の父親と共演する息子の俳優のファンだという青年サルファラーズに半分づつ見ようと持ちかけるが、 二人の持ち…